弾き語り

弾き語りでのスタジオ練習はかなり快適 (簡単な予約の手順も解説)

こんにちは、翔大です!

今回の記事は弾き語りをスタジオで練習してみたいなという方向けに、先日初めてスタジオで練習した僕が手順などを解説していきます。

  • 弾き語りでのスタジオ練習は意外と簡単(わからないと難しそうですよね)
  • スタジオと家での練習の違い(メリットとデメリットを解説)
  • 練習以外でのスタジオの使い道(いろいろ出来ます)

こんな感じで進めていきたいと思います。それではどうぞ!

弾き語りでのスタジオ練習はかなり快適 (簡単な予約の手順も解説)

「スタジオで練習してみたいけど、よくわかんないし、不安だな」

なんてことありませんか?

僕も何となく不安でしてスタジオで練習して来なかったんですよね。でも実際してみると家で弾くより快適だし、意外と予約とかも簡単に取れるんですよ!

そんな練習が楽しくなるスタジオ練習わかりやすく解説していきますので、ぜひ皆さんも行ってみてください!

では、手順の解説を

  • お近くのスタジオを探す
  • 時間割と金額を確認する
  • 予約の電話をする

以上です、さくっと終わりそうですね。

お近くのスタジオを探す

まずはネット検索などで、近くにある音楽スタジオを探してみましょう、場所によりますが、たぶんいくつかあるはず。

「どこがいいんだろう?」という疑問が出てくると思いますが、弾き語りだとスタジオで用意してもらわないといけないものはマイクくらいなので基本的に部屋などの特徴は気にしなくていいと思います。

なので料金で選ぶのがおすすめですね。店員さんの感じなどもありますが、行ってみないと分かりませんから。

ただ料金は差が出ると思いますので、比べてみるといいと思います。(どんな部屋でもいいと書いたのですがスタジオによってはめっちゃ狭いとことかもあるので、一応部屋の感じなどをサイトで確認しましょう)

時間割と金額を確認する

料金は基本的に1時間での金額がかかれていますね。弾き語りだと1人の料金になるのでそこまでの価格ではないですね。

500円~1000円くらいでしょうか、個人練習という料金プランなどもありまして普通より安めですね。ただ個人練習パックだと前日からの予約のみなど、お店によって変わったりするので要チェックです!

次に時間割ですね。お店のスタジオ数によって細かく分けていることもありますが、大体00分スタートか30分スタートですね。

  • 00分スタートが1時00分~24時00分
  • 30分スタートが1時30分~24時30分

からの1時間ごとの予約みたいな感じです。これもサイトとかに乗っていると思います。

予約の電話をする

ここまで来たらもうひと息ですね。あとは予約だけなんですけど、電話で予約することをオススメします。というのもネット予約だと簡単に進むんですけど、質問などができないんですよね。

初めていくときは電話をかけて、店員さんにわからないことなど聞いてみるといいと思います。例えば

「個人練習で予約したいんですけど」

「ケーブルとかマイクとか貸出できますか?」

など本当に簡単なことでも、丁寧に答えてくれます。

僕の場合だと、マイクは何本セッティングしておきますか?など聞いてくれました。マイクは最初からスタジオにおいてるものだと思ったので、ネット予約だったらマイクなしだったかもしれないですね。

とここまでくると予約完了ですね。あとは予約を取った日にちまで、ワクワクして待つだけです。

当日は予約時間の10分前にスタジオにつくくらいがいいと思います。退出は分前ですね。ではぜひ楽しんで練習してください!

スタジオと家での練習の違い(メリットとデメリットを解説)

これも結構気になっている人がいると思いますので、解説していきますね。

  • メリット

  • 周りを気にせずに練習できる
  • 普段使わない機器を使って練習できる
  • 録音しやすい

  • デメリット
  • お金がかかる
  • 移動時間がかかる

ですかね、ではまずメリットから

周りを気にせずに練習できる

皆さんがどういうお家に住んでいるかによっても、変わってくると思いますが、何かしら気にすることがでてくるかと。

例えば

マンションなど集合住宅だと、音が周りに住んでる人の迷惑になってるかもしれないです

一軒家でも家族にうるさいとか言われてたりと何かと気にしないといけないですよね。

こうしたことで問題になってもよくないですし、弾いてる側も楽しくないですよね。周りを気にしてギターの音を出せないのは。

これがスタジオだと、なにも気にしなくていいんですよ。周りの音もないから集中できますし凄い楽しいんですよ。普段家で弾いてると、知らずのうちに抑えてた音量が最大音量で弾けるんですから、そりゃ楽しいですよね!

これだけでもかなりのメリットだと思います。

普段使わない機器を使って練習できる

これはアンプとかマイクに繋げて弾けますよーってことなんですけど、家でこういったほかの機器につなげることってあまりないですよね。用意するのにもコストがかかりますし、その点スタジオだとどちらも無料で使えるので気軽に試せますね。

ライブなどに出る前にこういった機器につなげてみて練習するといいですね。

録音しやすい

これはスタジオ自体が防音室になっているので、圧倒的に録音しやすいです。

周りの音が入らないのでクリアにとれるんですよね。これは家などでは無理だと思うので、動画投稿したりする人はスタジオ録音が結構多いと思います。

お金がかかる

ここからデメリットですね。

ここはお財布によって変わりますが、僕の場合だと

週二回、二時間くらい練習するので、スタジオ代が500円だとしても

500×2×8=8000なので月8000円くらいかかりますね。これでも練習時間は少ないと思うので、出費がかかりますね。

移動時間がかかる

これは僕的にかなりのデメリットだと思うんですけど、単純に練習時間がへっちゃうんですよね。僕の場合だと往復で1時間30分かかっちゃうんで、家だとその分長く弾けるってことですからね。

逆に移動時間10分とかなら問題ないですけどね。

まとめると、ライブや動画を取る予定がある方は定期的にスタジオに行くといいかなと、家で弾くのに満足してる方でも一度は行ってみてほしいですね。

環境が変わるとモチベーション上がったりしますし、あとは時間とお財布に相談です!

練習以外でのスタジオの使い道(いろいろ出来ます)

さいごにスタジオで出来ることをちょろっと紹介していきます。

ダンス、アカペラ、レコーディングですね。

この中で弾き語りに関係する、レコーディングに少し触れていきます。

お店によってはレコーディングスタジオというのがありまして、そこで弾き語りのレコーディングできるとというわけですね。

マイクなどはもちろん音源をミックスするDAWソフトなども完備されていて、それこそプロみたいな物ができるくらいのものがそろっていますね。

あとは録音やミックスなどの作業をお店の人がサポートしてくれる料金パックもあるみたいなので動画投稿してみたい!という人の強い味方になってくれそうですね。

では以上で、音楽スタジオの紹介は終わりです。

皆さんもぜひ一度スタジオに足を運んでみて、音楽生活を広げてみてください!

今回も見ていただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-弾き語り
-, ,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5