楽器

アコギ初心者は値段が安いアコギで始めよう(3万円くらい)

悩んでる人
アコギを始めたいけど、初心者はどれくらいの値段の物を選べばいいのかな?値段ごとにどんな違いがあるのか知りたい

という方に向けた記事になります。

 

一番最初の買うアコギって、どれくらいのものを買うか悩みますよね。

 

初心者なら実際に値段によってどう違うのかわからないと思いますし、ですのでこの記事では

一番最初に買う、アコギの値段の目安」と「値段ごとのアコギの違いをわかりやすく解説していきます。

初心者が最初に買うアコギは3万円くらいの物がいい

どのくらいの値段のアコギを買おうか悩んでいる方が、一番最初に買うアコギは安すぎず高すぎない3万円前後のものがいいですね。

 

なぜこれくらいがいいかと言うと、まず始めたばかりだと高価なものと安価なものの違いがあまり分かりません。それに殆どの人がアコギを始めて1年で辞める人が多いと言われています。この二つの理由で初めから高価なアコギを買うのはリスクが高いんですね。

 

次にこれ以下の価格のアコギですが、安価な故作りが雑だったり、演奏性に欠けるものがあります。もしそういった物を選んでしまうと、アコギを弾くのが楽しくなくなってしまうのでこれもお勧めしません。

 

なので3万円前後がベストというわけですね。

3万円代じゃないとダメ?

目安として3万円前後というわけで、ピッタシ3万円じゃないとダメというわけではありません

見出し(全角15文字)

~2万円 安いお試し用のギター、安価ゆえに作りが甘いものがあり、アコギを楽しみたい方にはお勧めしない。

3万~10万円 初心者用ギター、ここから作りが安定してくる。これくらいのものを買っておくとある程度のレベルになるまで使っていける。値段に開きが出てくるが音質に大きな差はないので好みで選んでよし。

10万~15万円 中級者用ギター ここからは初心者ギターよりかなり作りが良いギターが出てくる。ある程度アコギに慣れて二本目を買う時に選びたい。

15万円~20万円 上級者用モデルが出始めプロが使うようなギターも出てくる。

20万円~ 各メーカーの最上級モデルが大体ここから出てくる。ここからは種類も豊富になり細かいところまで自分の好みに合わせられるものが出てくる。

値段ごとの違いは大体こんな感じです。

上記に書いてあるとおり初心者にオススメのアコギの最低ラインが3万円位からなので、3万円前後としているんですね。

 

ですが、3万円~10万円まではそこまで大きな違いはないので、その中から好みのものを選んで大丈夫です。

 

自分にあったアコギの選び方はこちらで解説しています「5分でわかる!自分にあったアコギの選び方

高価なアコギは2本目に買うのがいい 

高価なアコギは買い換えるの難しいですし、なるべく失敗したくないですよね。

 

そんな時、一番失敗しづらいタイミングが2本目にアコギを買う時なんですよ

 

初めて買うアコギって、自分の演奏スタイルなどがまだ定まってないので、自分にはどんなアコギがあっているかわからないんですね。なので一番無難なものを選ぶと思います。その無難なアコギというのは自分がアコギに慣れてくると後々不満が出てくることがあります。

 

その不満が出たタイミングで、それを解消する高価なアコギを買うと失敗しません。

 

なので最初は初心者用のアコギで演奏して行って、自分の演奏に合った物が選べるようになってから、高価なアコギを購入すると間違い無しですね!

安すぎるアコギは本当にやめた方がいい

僕の実体験で申し訳ないのですが、安過ぎるアコギは弾いていて楽しくなくなるので、本当にやめた方が良いですね。

 

僕は最初に7千円のアコギを買ったんですよ。たまたまかもしれないんですが、そのアコギがあまり良くないものだったんですね。

 

とりあえず、弦が押さえづらいし、ネック部分が全く滑らなくて、ただただ弾きづらかったんですよ。

 

その頃の僕はアコギのことがよくわからず、ただ自分が下手だから弾きにくいんだと思ってたんですけど、ネットで安すぎるアコギは良くないと知って、楽器店で3万円代のYAMAHA FG820を試奏してみたんですよ。そしたら今までうまく弾けなかったのはアコギのせいかと思う程弾きやかったんですね。違いに気づいた時点ですぐに買い替えました。結局7千円無駄になりましたね。

 

無駄な出費が出るのも良くないですが、それよりも問題は演奏性が悪いアコギを使っていても自分では気付かない事です

 

アコギを始めたばかりってもちろん上手に弾けないですし、弾きにくくても自分がまだ下手なせいだと思うことが多いです。そうなるとアコギの質が悪いから弾きにくいのに、それに気づかないまま頑張ってしまうんですよ。

そのまま続けるとストレスがたまりますし、その状況を自分が下手なせいだと考えてしまうのでだんだんアコギを弾くのが嫌になるんですね。アコギを弾くのが苦痛になって。もちろん質が悪いアコギではそこまで上達もしませんから改善すること難しいですし。

 

そうなると辞める方向に向かってしまう。せっかく楽しむ為に始めたのに買ったアコギのせいで、こうなると悲しいですよね。

 

僕はそうなりそうでしたが、この記事を見た皆さんはこうならない為ようにある程度しっかりとした作りのアコギを買ってください。

欲しいアコギがあってそれを買うか迷っている時は値段を気にせず買いましょう

ここまでどのくらいの値段のアコギを買おうか悩んでいる方に向けて書きました。ですが、もう欲しいアコギがあってそれを買おうか迷っている方はここまで書いた事は気にせずにそのアコギを買いましょう。

 

価格の安いアコギを選ぶ一番の理由はやめてしまった時のリスクを減らす為です。

 

ですが欲しいアコギがあるならそれを買ったほうがモチベーションが上がり辞める可能性が少なくなります。もちろん演奏性についても心配ないでしょう。

逆に欲しいアコギがあるのにそれ以外の物を買うと気分良く始められないですしね。

それに欲しいアコギは結局買っちゃう

僕がそうなんですが、最近少し価格が高いFGX5という物を購入したんですね。なぜ買ったかというと欲しかったからです。元々弾いてたやつでも問題なく演奏できたので、必要ではなかったんですが、欲しくて我慢できなかったんですね。

 

ですが、結果買ってよかったですね。もちろん欲しかったアコギを弾けてモチベーションが上がってよりアコギを弾くのもより楽しくなりましたね。

 

よほど精神が強い方以外は、欲しいアコギを我慢したとしても1ヶ月2ヶ月後には購入してると思います。なら最初に買った方がストレスなく始められますよ!

ただ高価なものほど、慎重に選ぼう

ここまでみてくださっている方は少なくとも目安の3万円より上の価格のアコギを買うか悩んでいると思います。

 

そういったアコギは容易に買い換えることは出来ないと思いますので、慎重に選びましょう。

 

一度試奏したり、自分はどんな演奏をしたくて、欲しいアコギはその演奏に向いているのかなど、あとは価格が高くなればなるほど、繊細になりメンテナンスに使うものなどに気をつけなければいけないので、そこもしっかり把握するようにして置きましょう。

余談:誰かに何か言われても気にしない 

「初心者がそんな高級な物を持って」

と言われたり、自分でも少しこういったことを思ってしまうかもしれません。

 

ですが、あなたが楽しめるのであれば、それで良いので、こういったことは気にしないようにしましょう。それにアコギなんて弾いてれば、勝手に上手くなりますよ。

この記事のまとめ

もしどんなアコギを買おうか、悩んでいる方は最低限の演奏性がある3万円前後のアコギを買って、自分の好みのものが見つかればそっちに乗り換えましょう。

もし欲しいアコギがあって、それを買うか迷っている方は買いましょう!買った方がモチベーションが上がってアコギが続きやすくなります。

ただ注意としてそのアコギが自分にあっているが、しっかり確認しておきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-楽器
-, ,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5