パスタ

後処理が楽なサバを使った簡単めんつゆ和風パスタ

今回はめんつゆとサバフレークを使った、とても簡単にできる和風パスタのレシピを紹介していきます。

 

サバを使うのって面倒臭くないですか?

 

生のサバだと調理が大変だし、サバ缶だと後処理が面倒ですよね。でも今回は調理も後処理も面倒くささゼロで使えるサバフレークを見つけたんですよ!

 

レシピの後に紹介しているので、お近くのスーパーなどでぜひ探してみてくださいね。では本題にいきましょう。

めんつゆを使ったサバの簡単和風パスタ

材料 (調理時間 約10分)

  • さば 60g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • にんにく 1欠け
  • 青ネギ 適量
  • パスタ 100g
  • めんつゆ 大さじ3(ストレートの場合)
  • オリーブオイル 適量
  • 塩胡椒 適量

手順

調理を始める前に、パスタを茹でる準備をしておきましょう。電子レンジでパスタを茹でる場合は茹で始めておいて大丈夫です。鍋で茹でる場合はお湯が沸いたらすぐにパスタを茹で始めましょう。

  1. 玉ねぎを大体1mm幅に青ネギを好きな大きさに切って、ニンニクは下を落として包丁で潰しておきます。

  2. フライパンに少し多めのオリーブオイルを入れ、弱中火でニンニクだけを焼き目がついて香りが出るまで炒めていきます。

  3. ニンニクに焼き目がついたら一旦取り出して、玉ねぎ、さばを入れて軽く塩を振り炒めていきます。

  4. 玉ねぎがしんなりするまで炒めたら、取り出しておいたニンニク、めんつゆ、胡椒入れて、ひと煮立ちさせます。

  5. パスタが茹で上がったら、パスタと茹で汁を入れて混ぜながら、めんつゆ、塩胡椒で味を調整していきます。

  6. 味が整ったら、お皿に盛り付け上から青ネギを乗せて完成です。

コツ・ポイント

味を調節するときのコツですが、めんつゆを入れると塩味以外も濃くなってしまって味がクドくなることがあります。なので塩加減だけを調節したい時は塩胡椒で、それ以外にもパスタの風味なども強くしたい場合はめんつゆを使うのがオススメです。

 

ニンニクは最初に焼いて香りを出した後は使わなくても良いので、にんにくの味が苦手な方は取り出した後捨ててもらって大丈夫です。

 

今回使用したとても使いやすいサバフレークというのは、ニッスイが出している『サラダで楽しむSABA』という商品です!(画像がなくてすみません、、、、)

 

袋状のパッケージに入っているので、サバ缶より後片付けが楽に出来て、フレーク状になっているので混ぜやすく、量もパスタ1人前にぴったりな量なのでとても使いやすいですね。

 

僕が使用したのはオリーブオイル漬けという味のものです。プレーンとオリーブオイル漬けの2種類あるようですね。パスタなど洋風の料理なら”オリーブオイル漬け”お味噌汁や和風のものなら”プレーン”がいいと思います。

 

めんつゆは2〜3倍濃縮の物をつかっても出来ますが、その際はめんつゆを入れる量を少なく(大さじ1〜2)してください。そしてパスタを混ぜて味見するまでは塩をかけないようにすると失敗しにくいです。下味などで塩をかけてしまうと塩加減が濃くなりすぎることがあるので、注意してください。

 

あとがき

パスタに使うのにちょうど良さそうなパッケージのサバフレークがあったので、使ってみようと思いレシピを考えました。想像以上に美味しくて、びっくりでしたね。和風のパスタやオイルソースのパスタにも合うと思うので、皆さんも一度使ってみてください。

 

めんつゆはそのままでも味が整っていてパスタに使うと簡単で美味しい和風ソースができるのですが、少し工夫をしないとパスタというより、そばやうどんみたいな味になってしまうので注意が必要ですね。

 

今回はニンニクをしっかりと炒めて、風味を出すことでしっかりとしたパスタの味となっていますが、もしニンニクが嫌いな方はオリーブオイルで具材をよく炒めるということを意識すると和風パスタの味になりますよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-パスタ
-, , , , ,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5