パスタ

季節の野菜を使う濃厚トマトクリームパスタ「簡単に作りたい人用」

今回はお家にある野菜とベーコンで作れる濃厚トマトクリームパスタのレシピです。

 

実はトマトクリームパスタは大体の野菜に合うので野菜を食べるにはうってつけのパスタなんですよ。今回は夏なのでナスを使って作りますが、皆さんはお家にある野菜でぜひ作ってみてください。

 

ちなみに焼いて煮詰めるだけできる簡単パスタなので、パーティなどたくさん作る時にもうってつけですよ。では早速本題にいきましょう。

季節野菜の簡単トマトクリームパスタ

材料

  • ベーコン 5枚
  • お好きな野菜 1〜2種 (約80g)
  • にんにく 1欠け
  • パスタ 100g
  • カットトマト 1/2缶
  • 牛乳 100ml
  • バター 10g
  • オリーブオイル 適量
  • 塩胡椒 適量

手順

  1. ベーコンと野菜を一口大に切り、ニンニクをスライスします。

  2. フライパンに少し多めのオリーブオイルを引き、ベーコン、野菜、ニンニクを入れて下味に軽く塩をかけて炒めます。

  3. 入れた具材に焼き目がつくまで炒めたら、カットトマトを入れ強中火で水分を飛ばしていきます。水分が減ってくると焦げ付くのでしっかり混ぜるようにしてください。

  4. トマトの水分が飛んだら、火を止め牛乳、バターを入れてよく混ぜます。この時フライパンの横にこびりついてるトマトを落として一緒に混ぜるとソースの味がグッと良くなります。(この方法は”デグラッセ”と言うフランス料理で使われる技法です。

  5. 牛乳とソースが混ざったら、パスタが茹で上がるまで、弱火〜中火で煮詰めていきます。

  6. パスタを入れ、味見をしながら塩胡椒で味を整えていきます。

  7. 味が整ったら盛り付けて完成です。

コツ・ポイント

具材編

パスタは最初に茹で始めていても大丈夫だと思います。間に合うか心配な方は具材が切り終わったタイミングで茹で始めましょう。

 

ベーコンは厚切り、薄切りでどちらでも美味しくできるので、お好みのもので作ってみてください。

 

今回は全て一緒に入れて炒めましたが、大きさ(分厚さ)に差ができる時は大きいものから炒めるようにしてください。

 

入れる具材の目安ですが玉ねぎ1/6個、ナス1個くらいの量を大体の目安にするといいと思います。

 

ニンニクは入れるとソースの風味が増して美味しくなるのでぜひ入れて作って欲しいのですが、苦手な方は抜いても大丈夫です。

 

もしニンニクの風味だけを出したい場合はニンニクを包丁の腹で潰し、オリーブオイルで焼き目がつくまで炒めるとオイルにしっかり香りが乗ります。焼いたニンニクは取り出して別の料理に使うか、捨ててください。

ソース編

できるだけトマトの水分を飛ばしてから牛乳を入れてください。その方がトマトの酸味が少なくなって美味しくなります。

 

牛乳を入れる時は必ず火を落としてから入れて混ぜるようにしてください。ソースが沸騰した状態で牛乳を入れてしまうと、トマトの酸味に強く反応して牛乳が分離してしまいます。

 

混ぜて煮詰める時もあまり火を強くしないようにしましょう。

 

牛乳の代わりに生クリームを入れる時は70ml〜80mlくらいで調節してください。

仕上げ編

写真ではパセリがかかっていますが、色合い出かけているだけなのでなくても大丈夫です。

 

代わりにパルメザンチーズをかけると、より美味しくなるので試してみてください。

あとがき

今回は野菜が食べられるパスタってなんだろうと思って考案したレシピです。

 

最初にも書いた気がしますが、トマトクリームは大体の野菜にあうソースなので、具材は何を入れよう?と考える必要がないので楽ですね。

 

それにパスタの中でもトマトクリームはどんな方にも人気なのもいいですよね。

 

一人で食べるときのご飯にしてもよし、家族で取り分けるおかずにしてもよしなので、ぜひ一度作ってみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-パスタ
-, , ,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5