パスタ

パスタを茹でている間にできる!ツナと玉ねぎの和風ソースパスタ

悩んでる人
余ってるツナを使って、パスタを作りたいなー、、、でも冷蔵庫に玉ねぎしかない、、、

こんな時ありませんか?

今回はそんな方に向けて、ツナと玉ねぎだけでつくれる簡単パスタを紹介します。

材料は2つしか使わないので、作りやすいです。

そしてあっさりしていて食べやすいので、是非試してみてください!

超簡単! ツナと玉ねぎのあっさり食べる和風パスタ

材料(1人前)

  • ツナ                                      70g (1缶)
  • 玉ねぎ                                         1/4個
  • パスタ                               100g

  • 醤油                              大さじ1
  • みりん                            大さじ1/2
  • ①砂糖                            小さじ 1/2

  • ①ほんだし                           小さじ1/2

  • 水                                50ml
  • オリーブオイル                            適量
  • 塩胡椒                                少々

 

手順

  1. 最初にパスタを茹でる用のお湯を沸かしておきましょう。ソースの用意が普通のパスタと比べて早くできるので、最初にお湯を沸かしておくくらいで、ちょうどいいです。

  2. 次に玉ねぎを切っていきます。炒める方は5mmくらいに、と最後に乗せる方は薄くスライスします。2:1の割合で炒める方を多くとります。

  3. スライスした玉ねぎは水につけ、ソース用の玉ねぎを炒めていきましょう。(玉ねぎを炒める時に軽く塩を振ると、早く火が入ります。)

  4. パスタを茹で始め、①の調味料を混ぜて用意しておきます。


  5. 玉ねぎがしんなりしてきたら、ツナと混ぜておいた①の調味料を入れて、水分量が半分くらいになるまで煮ましょう。(中火で約3分)

  6. パスタが茹で上がったら、水を切ってソースと和えます。(ソースが沸騰してグツグツしたタイミングで混ぜ始めると麺のに味が入りやすくなります。

  7. 中火でパスタとソースを和えながら、塩胡椒で味を調節してください。この時ソースの量が少なくなってしまった場合は茹で汁を足して調節してください。

  8. お皿に盛り付け、水にさらしておいた、玉ねぎスライスをパスタに乗せて完成です。

コツ・ポイント

スライスした玉ねぎを水にさらす時間ですが、新玉ねぎなら1分、普通の玉ねぎなら4~5分くらい晒しましょう。その方が辛味が抜けて食べやすいです。

 

醤油を入れるので、最初の段階ではあまり塩を入れすぎないようにしてください。一度パスタとソースを混ぜて味見してから、塩加減を調節すると失敗しづらいです。

 

このレシピではツナの脂は切らずに作った方がソースに味が乗ります。

 

オリーブオイルはサラダ油でも代用可能です。もしオリーブオイルがある方は盛る直前に小さじ1杯くらいのオリーブオイルを入れてパスタと和えると風味が豊かになりより一層美味しくつくれます。

 

玉ねぎスライスが辛くて苦手な方は大葉、水菜などを乗せても美味しいですよ。

 

あとがき

パスタを茹でている間にソースが作れるので、かなり時短パスタになります。スライスした玉ねぎを上に乗せて一緒に食べるので、アッサリとした食べ心地なので、食欲があまりな人でも食べやすくなっています。

 

玉ねぎとツナに2種類の具材しか入っていませんが、玉ねぎを分けて使うことで、別々の食感、味になるため普通のパスタより満足感が増しています。

 

ソースとスライスにする玉ねぎの割合はお好みで分けて大丈夫です。ですが、ソースに入れる玉ねぎの方を多くすると、ソースに玉ねぎの甘味が出て美味しくなりますね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-パスタ
-, , , ,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5