ボイトレ

話し声を良くしたい方にボイトレは圧倒的にお勧めです

皆さんの中に

「声がかすれて出しにくいな」とか「しっかり喋っているつもりなのに上手く聞き取ってもらえないな」など

声についてのお悩みを抱えている方はいませんか?

コミュニケーションの中でも頻繁に行う会話、その会話がスムーズに進まなかったり自分の思いが相手に上手く伝わらなかったりするとつらいですよね。

ですが!上で出したような声の悩みはボイトレをすることによってほぼ解決できます。

今回はそんな話し声をよくするボイトレと声が良くなるとコミュニケーションでどんな影響が出るかについて書いていきます。

もくじ

  • 話し声を良くしたい方にボイトレは圧倒的にお勧めです!
  • 話し声が良くなるとコミュニケーションにどのような影響が出るのか

話し声を良くしたい方にボイトレは圧倒的にお勧めです!

ということでまずはボイトレがなぜ話し声を良くするのにいいのかを説明していきますね。

ボイトレとはボイストレーニングの略で基本的に声を鍛えることの総称になります。

こういうと「声を鍛えるってどいうこと?」となるかもしれません、なのでもう少し解説していきますね。

まず声を出す仕組みとして、のどぼとけ付近の筋肉が動き声帯の形が変わってそこに息が通り声が出るという仕組みですね。

  • 例えば地声は声帯が閉じている状態で出る声です
  • 裏声は声帯が少し開いた状態で出る声です

その声帯の調整をしているのがのどぼとけ付近の筋肉なのです。

声がかすれたり、大きい声を出すのが苦手だったりする人はこの声を出すための筋肉を上手く使えていないことが多いです。

そしてボイトレはこの声を出すための筋肉を自由に動かせるように鍛えるのが目的なんですね!

なので歌声にも話し声にもボイトレは有効というわけです。

僕も話し声が良くなった

僕の場合は高い声を出せるようになりたくてボイトレを始めたのですが、気づけば話し声もよくなってたんですよね。

特に話し声に関するトレーニングをしてたわけでもないのに、話をしてると

「いい声だね」とか言われたりするんですよね。お世辞かなーとか思ってたんですけど、ボイトレを重ねていくごとにそう言われる回数が多くなっていきましたし、自分でも前より声が出しやすくなっていい声に変ってきてるな!と実感しました。

ここまでボイトレの簡単な説明と僕の実体験をお話して、少しボイトレに興味を持たれた方もいるはず。

「でもボイトレって歌手の人とがやってるって聞くし難しそう。どうやって初めて行けばいいんだろ」

と考えた方に向けて、ボイトレの始め方をサクッと解説します。

大体が本を買って聞いて真似するだけです

ボイトレって聞くとよくわからなくて難しそうですよね。

でも基本的にボイトレの教則本を買ってついてる練習用CDのお手本を聴いて真似するだけでオッケーなんです。

逆に言えばCDがついていないボイトレ本はお勧めできないです。字や絵だけで声を正確に出すのは難しいので、お手本付きのものがいいですね。

僕のおすすめは奇跡のボイストレーニングBOOKです。

こちらは本の内容練習もほかのボイトレ本に比べて初めての方向けでやりやすいので、簡単に始めることができます。

あとは基本的にボイトレ本は高音出せるようにするためのものが多いです。

上で紹介した奇跡のボイストレーニングBOOKもそうですね。

ですが、話し声も一緒によくなっていくので気にしなくてもオッケーです。

高音や歌声のほうが、喉の筋肉を複雑に使うので話し声のほうが良くなるのが早いですね。

注意点としてボイトレ本は無理のしない範囲で順番に進めていくというのとその本に載っているトレーニングは全部やっていきたいですね!

例えば「話し声をよくしたいだけなら、裏声のトレーニングは関係なさそうだしやらなくてもいいや」みたいなのはやめた方がいい例です。

なぜかというと、地声でも裏声を出すときの筋肉はつかうことはありますし、色々なのどの筋肉を使えた方が声としての魅力や表現力が上がります、せっかくトレーニングするならその方がいいですよね。

ちなみにボイトレをする時間は1日10分くらいで大丈夫です。ボイトレは普段出さない声を出して日常より声帯に負担がかかりますし、疲れたら休みましょう。

これくらいでボイトレの始め方は大丈夫ですね。効果が出るまで少し時間がかかる時もありますが、絶対に実感できると思いますので、話し声をよくしたい方はボイトレを始めてみてください!

話し声が良くなるとコミュニケーションにどのような影響が出るのか

ここまでボイトレをして話し声を良くしていきましょうと話していきましたが今度は

「じゃあ話し声が良くなったら、会話とかにどう影響が出るの?」

といった話をしていきます。

結論を言うと、声が良くなるとめちゃくちゃ会話しやすくなります。

これにも理由があってメラビアンの法則ていう心理学の法則で人は話している内容や声のトーン顔の表情に矛盾があったときにどれを参考にするかという法則で

  • 話の内容 7%
  • 聴覚情報(声のトーンや大きさ)38%
  • 視覚情報(表情や身振り手振り) 55%

という結果が出ているそうです。

例えば楽しい話の内容を悲しい声のトーンで話したら、聞き手は悲しい印象を受けるみたいな感じですね。

この結果を見るに基本的に人は会話の内容より、声や表情などを重視することが多いみたいです。

実際に皆さんもこういうことありませんか?

声がいい人だと話を聞いていて心地よかったり、会話の内容を聴く前に第一声で惹かれて好印象になったり。

もちろんそれで話の内容がひどい悪口言ってるとかだとダメですけどね。

こんな感じで話し声が良くなると、会話で好印象を持ってもらえます。

そうなってくると、立ち振る舞いや表情に自信がついてきて、よりいい印象を持ってくれやすくなります。

なのでここまで聞いてくれた皆さんはぜひぜひボイトレで話し声を良くして、普段の会話を楽しんでいきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-ボイトレ
-, , ,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5