お菓子 料理

初めてお菓子作りをするときにオススメの道具を紹介(必ず使う)

お菓子作りを初めようと思っているけど、まずはどんな道具を用意すればいいんだろう?初めてお菓子作りをするときに用意するオススメの道具なんかあれば知りたいな」

こう考えている人はいませんか?

この記事ではどんなお菓子を作る時でも必ず使うオススメの道具(調理器具)を紹介していきます。これを読んでくれているあなたが、なんのお菓子を作ろうか悩んでいても、作るお菓子を決めていても必ず使う道具を紹介しています。

 

僕がお菓子作りを初めた頃に「これは使うのか、用意しとけばよかった」となった事や「これ常に使ってるな」という経験を生かして、紹介しているので、皆さんのきっとこれからお菓子作りを始める皆さんの役に立つと思います。

どんなお菓子を作る時でも使用する道具の紹介(実際に僕が使っているオススメも紹介)

最初はタイトルの通りお菓子作りをするときに必ずといっていいほど、よく使用する道具から紹介していきます。この記事を見ている人によってこれから作ろうと思っているお菓子は皆さんそれぞれ違うと思いますが、これから紹介する道具のいくつかは必ず使うことになると思います。

各項目で

  • なんのために使うのかと、
  • どんな物を選べばいいのか、
  • そして最後に僕の使っている物の中でお勧め

という順番に解説していきます。

 

ボウル

ボウルは主にお菓子の材料を入れるたり、材料を混ぜたりするときに使います。複数の材料を別々に分けてボウルにいれることもあるので、3つくらい持っておくと作業がしやすいですね。とはいえ、食器などで代用出来る時もあるので、ご予算と相談してみてください。最低1つあれば材料を混ぜるということができるので、大丈夫です。

 

ボウルはプラスチック、ガラス、ステンレスの3種類ありますが、ガラスとステンレスのボウルがお菓子作りに向いています。プラスチックは熱に弱くてお菓子作りに向かないので、使わないようにしましょう。

 

  • ガラスのボウルは材料を電子レンジで温めることができます。
  • ステンレスのボウルは熱伝導がいいので、材料を冷やしやすいですね

こういった利点があるので、お菓子づくりをする時はガラスとステンレスのボウルを用意してください。電子レンジを使うより材料を冷やすことの方がお菓子作りでは多いので、最初はステンレスのボウルを用意するといいと思います。

 

ボウルを選ぶときの注意が1つだけあります。それは”大きめのボウルを用意する”ことです。お菓子作りではたくさん材料を1つのボウルに入れて混ぜることが多いので、大きめのボウルじゃないと入りきらなかったりします。なのでボウルを用意する時は大きめのボウルを用意しましょう。

 

僕が使ってるものはこちらですね。

このボウルのお勧めポイントは

深底ボウルなので材料を混ぜるときにこぼれにくい

3サイズセットなので、他のボウルを買う手間がなくなる

この2つですね。コスパがいいのでお勧めしてます。

 

測り・スケール

 

測り・スケールはその名の通り、お菓子づくりに使う材料を測るために使います。作るお菓子によっては分量が作るとまともにできない時もあるので、用意したいですね。

デジタルで0.1g単位で測れるスケールがお勧めです。

アナログのよく見かける測りよりデジタルの方が間違えにくいので、お菓子作りをする時は絶対にデジタルがおすすめです。そして測れる最小単位は0.1gじゃないと、作りたいお菓子が0.1g単位で計測が必要な時に分量が測れないので、困ります。

そこまで価格が変わるわけじゃないので0.1g単位で測れるデジタルスケールにしましょう。

 

粉ふるい

 

粉ふるい(ストレーナー)ですね。お菓子作りでは材料の粉類はほぼ常にふるいにかけかけてから使うので、必需品です。

網目の荒いものと細かいものがあり、荒いものはアーモンドパウダーなど、細かいものは薄力粉など粉類に使います。が最初はあまり気にしなくていいと思います。複数個買う時は気にしてもいいですね。

 

それよりも最初に粉ふるいを買うときに気をつけたいことは少し大きめで持ち手がついたやつを買うことですね。

お菓子作りはたくさんの粉を振るうことが多いので、大きい方がたくさんの量を一気に振るうことができるのでお勧めです。そしてシンプルに持ち手がついている方が使いやすいからですね。

 

ゴムベラ

 

ゴムベラは主に材料を混ぜうときに使います。選ぶときの基準としては耐熱温度が高いものと一体型のものを選ぶといいでしょう。

鍋で日にかけているものを混ぜるときにもゴムベラを使ったりするので、耐熱温度が高くないと使えないからですね。200度まで耐えられるゴムベラだと完璧ですね。たまに耐熱温度70度くらいのゴムベラがあったりしますが、火にかけながら使用するということができずお菓子作りには向いていないので、注意しましょう。

あと一体型のゴムベラ(先が取れないもの)は洗いやすいのでお勧めですね。

 

泡立て器

 

泡立て器も主に材料を混ぜるときに使います。

  • ゴムベラは材料をさっくり泡立てないように混ぜたいときに使うイメージ
  • 泡立て器はしっかり泡立てて混ぜたいときに使うイメージ

こんな感じで使用用途が変わります。

 

泡立て器は個人的に少しお金をかけた方がいいと思っています。

というのも100円の泡立て器より、1000円の泡立て器だと、メレンゲなどを作るスピードが圧倒的に違うからですね。もちろん多々混ぜるだけでも違いが出ます。

個人的な体感ですが3倍くらい違いますね。いい泡立て器の方が泡立てる時間はもちろん早くなりますし、腕の疲れも少なくなります。

お菓子作りで泡立てって結構な頻度でするので、ここが楽になるだけでお菓子作りが圧倒的に楽しくなると思うんですよね。なので、泡立て器はいいやつを使った方がいいと思います。あくまで個人的な考えですが。

 

こちらが僕が実際に使っている泡立て器です。Amazonのレビューが高かったので、とりあえず購入してみたんですが、めっちゃ早く泡立つので最高でした。控えめにいってこれ一本あれば泡立て器には困らないと思います。

オーブン

 

お菓子作りといえばオーブンが必要なんじゃないかと思い浮かぶ人も多いんじゃないんでしょうか。

 

そうなんです。お菓子の大半はオーブンが必要になってしまうので、できれば用意しておきたいですね。あるとないとでは作れるお菓子の幅がかなりかわります。

とはいえこれまで紹介した他の道具と違いかなりお金がかかるものなので、悩みどころですね。

 

できれば、お菓子づくりに使う道具(調理器具)は多めに用意しておこう

 

最後にお菓子で使う道具はいくつか用意しておくとスムーズにお菓子作りをすることができます。

というのも、数種類の材料を分けて測ったり、別々に混ぜたりすることがあるからですね。そういうお菓子を作る時は調理器具を使い回すことができないので、複数個必要になるんですね。

 

具体的にはケーキのクリームで、生クリームのホイップとメレンゲをつくるときなどがそうです。こういったときはボウル2つ泡立て器2つないと面倒ですよね?

なので、お菓子作りを始めた時は調理器具は1つずつあればいいと思いますが、こういった少し凝ったお菓子を作ろうと思ったおきは調理器具を必要な分補充することを考えてみてください。

 

用意するとお菓子作りが便利になるもの

次はなくてもお菓子は作れるけど、あると作りやすくなるものを紹介していきます。

 

ハンドミキサー

電動泡立て器ですね。主な使用用途としては泡立てをする時ですね。メレンゲやホイップなどを作る時に大活躍します。泡立て器でもできますが、ハンドミキサーの方が圧倒的に早くできます。

 

お菓子作りなら必須じゃ、、、?と思っている人もいるかもしれませんが、意外と使わなくても問題なかったのでこの位置にしました。

メレンゲなどしっかりと泡立てる時はハンドミキサーを使う方がいいですがですが、それ以外の工程は普通の泡立て器で十分です。

それにハンドミキサーって片付けなどが割と面倒なので、実はあまり使わないんですよね。

 

僕はハンドミキサーを持っていますが、本当に生クリームを泡立てる時などにしか使わないです。なんなら軽く泡立てるくらいなら普通泡立て器使いますもん。それくらい取り回し、片付けが面倒臭いんですよ。

 

こういった理由で、ハンドミキサーはなくても問題ないけどあると便利な時があるなという位置にしました。

 

もしハンドミキサーを購入しようと考えた時は、電源コードの長さと連続稼働時間に注意しましょう。

 

というのもハンドミキサーって電源に繋げたときにコードの長さに余裕がないと取り回ししづらいんですよ。僕がそうでした。

なので、普段お菓子作りをするキッチンなどからコンセントが遠い場合はコードが長いハンドミキサーを買うか、延長コードを用意しておくといいですよ。

もうひとつハンドミキサーごとに最大○分まで稼働可能みたいな設定がされています。メレンゲやホイップを作る時は意外と長い時間稼働させる必要があるので、なるべく稼働時間が長いものを選ぶといい感じです。

 

ハンドブレンダー

 

ハンドブレンダーは果物をピュレにするときに使ったりします。

ピュレとは

ピュレとは果物を少し煮詰めて液状にしたもののことです。果物のクリームを作ったりするときに使いますね。

それ以外はつかわないので、この位置にしてます。果物のお菓子をよく作るなら用意してもいいかもしれません。

 

温度計

 

温度計ですね。主にチョコレートを溶かす時や卵を火にかけるときに使います。特に卵はクリームなどに入れるために温める時は70度前後で日から下ろさないと行けないので、必須ですね。

ですがそれ以外では使わなくても大丈夫なことが多いので、余裕があれば用意しておこうくらいの考えがいいと思います。

 

作るお菓子によって必要なもの

 

今までは大体どのお菓子を作る時で必要になるかもしれない道具の紹介でしたが、最後に作るお菓子によっては絶対に必要になる道具をサクッと紹介していきます。

 

ケーキなどお菓子の型

お菓子の型は必要になることが多いです。ケーキなどは特にそうですね。他にもクッキー、マドレーヌなどなど型が必要なお菓子はたくさんあります。

というより、作りたいお菓子だけに必要になる道具というのもあったりするので、もしもう作りたいお菓子が決まっているという人はこの記事で紹介している道具以外にそのお菓子を作るには他になにが必要か調べてみてください。

もしタルトを作りたい型はこちらの記事に必要な道具をまとめています。

初めてお菓子作りをするときにオススメの道具を紹介(必ず使う)

 

まだ何を作るか決まってない人は今日紹介した道具はどのお菓子を作るにしても必ず使うので、まずはこの道具を用意することから始めてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-お菓子, 料理
-,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5