ボイトレ

ボイトレスクールに通う意味(しっかり考えよう)

こんにちは、翔大です!

「ボイトレを始めるにはスクールに通ったほうがいいのかな?」や「とりあえずボイトレスクールに通うと歌が上手くなるかな?」

そんな疑問に今回はお答えしていきます。

ボイトレスクールってお金もかかるものだしスクール選びに失敗したくないですよね。

でも大丈夫です!ここでボイトレスクールに行く意味を理解しするとスクール選びで失敗することがなくなります。

もくじ

  • ボイトレスクールに通う意味
  • ボイトレスクールの違い

3分くらいで読める記事になっています。

ボイトレスクールに通う意味

最初に結論からお話しするとボイトレスクールに通う意味は二つあります。

  • 自宅でやっているボイトレが正しくできているか確認してもらう
  • 自分のレベルに合った、自宅で出来るボイトレを教えてもらう

この二つですね。この二つ以外の場合はスクールに通わなくても大丈夫です。

ボイトレは基本スクールに行くだけではあまり効果が出ないです。

なぜならスクールだけだとボイトレをする回数が少ないですよね?多分週に一回くらいだと思いますが、週一回だとあまり効果が期待できないので自宅でもボイトレをしたほうがいいんですね。

なのでスクールはただ行けばいいわけではなくて、スクールで教わったことを自宅で復習したり、

自宅で本などでトレーニングしたことをスクールに行って正しく出来てるか見てもらったりする場所だと考えましょう。

ここからは上記のことを少し深堀していきますね。

自宅でやっているボイトレが正しくできているか確認してもらう

自宅で本などを見てやっているボイトレは自分では正しく出来ているつもりでも、

ちょっとやり方を間違えていたり、もっと効果が出るやり方があったりします。

そういった自分では気づけない所をスクールの先生に見てもらうことで改善していけるわけですね。

ボイトレは些細なことでも影響が出てくるので、こういった自分では気づかない事を直せるだけでもかなり良くなったりします。

注意点としては自宅でしているボイトレの事をちゃんと理解している人に教わったほうがいいということですね。

というのも自宅では本などに載っているボイトレをしていると思いますが、そういうボイトレって結構知られていないことが多いんですよね。

ボイトレは目指しているところが同じでもアプローチ方法がかなり変わってきます。 そしてボイトレ本にも色々種類があるように先生によって教えてくれるボイトレがちがうんですね。

なので自分のしているボイトレ方法と先生の教えるボイトレ方法が違う場合があります。

そういう時は全く別のボイトレを教わることになるので、今まで自分がしていたボイトレの改善点などを先生に教わることが難しくなります。

そうなってしまうと1からボイトレを教わることになり回り道をすることになるのであまりおすすめしないですね。

ボイトレ本とかだと著者の方がボイトレを教えたりしていることもありますし、ほかにもその方法でトレーニングを教えている所もあったりするので一度調べてみてください。

自分のレベルに合った、自宅で出来るボイトレを教えてもらう

先ほどは自分のやっていたボイトレを見てもらうでしたが、今度は先生に教わったボイトレをしていくという事ですね。

元々教わっていた先生に自宅でも出来るボイトレも教えてもらうので、先ほどみたいにボイトレ本に合わせた先生を探す必要がないですね。

あとは先生自身が良く知っているボイトレを教えてもらえるので、細かなところまで指導してもらえるのと、自分の現在のレベルに合わせたボイトレを教えてもらうことができます。

注意としては間違っているボイトレを教えている先生も中にはいるので注意が必要ですね。

常になんでこの練習をするのか、などを聞いてみたり考えながら行えばいいと思います。

まとめると、

  • 自分のやっているボイトレが正しく出来ているか見てもらいたい時
  • >教わっている先生に自宅で出来るボイトレも教わりたい時

以上の理由がある時だけ、ボイトレスクールに行く意味があると思います。

なので最初にボイトレをするときは、本を買って自宅でボイトレを始めるのでいいと思います。そして行き詰まったら正しく出来てるか先生に教えてもらいに行きましょう。

もし近くにスクールがあるなら無料体験などに行ってみて、その先生に教わりたいと思えば通ってみるのもいいと思います。

これ以外の理由では特にスクールに通う意味はないですね。

ボイトレスクールの違い

最後にスクールの違いについてちょこっと解説していきます。

ボイトレスクールにも2種類くらいありまして、

  • 声を自由に出せるようにする(ボイストレーニング)
  • 歌が上手く歌えるようになる(ヴォーカルトレーニング)

です。

自分がどちらを習いたいのかを考えてスクール選びをしたほうがいいですね。

ボイトレのスクールだと発声を重視しているので、歌唱の練習はあんまりやりません。

ヴォーカルのスクールだと逆にボイトレはほぼしないですね。腹式呼吸とかを教わったりするくらいでしょうか。

スクールによってはボイトレと書いていてもヴォーカルよりのトレーニングをしていたりするので、出来ればスクールを探すときは無料体験などお試しで練習を受けてみたほうがいいですね。

お金を払った結果、思ってたのと違うとなると残念ですしね。

まとめとして、ボイトレのスクールはどうして通うのかを決めて通えばとても意味があります。

ただ何も考えずに通うだけになると途端に意味のないものになってしまうので、何がしたくて、どういう目的で通うのかしっかり決めてからスクールを探してみてください!

今回はここまでです。見ていただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-ボイトレ
-, , , ,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5