ボイトレ

ボイトレで高音を練習する男性はミックスボイスを目指そう

こんにちは、翔大です!

先日ボイトレで高音を出す方法を解説した記事を書きましたが、今回は男性向けに特化した解説をしていこうと思います。

最近の曲って男性が歌っているものでも高いキーのことが多いですし、カラオケとかでも声が低いと歌えなくてう~んって感じじゃないですか。

やっぱり自分の好きなように歌を好きなように歌いたいですよね。 だからこそボイトレで高音を出せるように頑張りましょう!

今回はそういった方に向けてボイトレで高音を練習するときの目標、注意点などを書いていきます。

これを知ってるだけでボイトレの効率が上がるのでぜひ読みすすめてみてください。

3分くらいで読める記事です。

  • ボイトレで高音を出す方法(男性はミックスボイスを目指しましょう)
  • 声が低くても歌える方法 (音域に合わせたキー調整のコツ)

ボイトレで高音を出す方法(男性はミックスボイスを目指しましょう)

高音を出す方法はいくつかありますがその中でもミックスボイスをできるように頑張りましょう!

ミックスボイスとは地声と裏声を混ぜた声と説明されることが多いですね。もうちょっとわかりやすく言うと地声の時に使う筋肉と裏声の時に使う筋肉を両方バランスよく使うことで出来る発声法です。

ミックスボイスができるようになると裏声の音域まで地声のように出せますしもちろん裏声も出せるようになります。

ミックスボイスを使える利点

実はミックスボイスは裏声の音域まで地声のような声で歌えるようになる以外にもまだまだ利点があります。それは

  • 声の音質を自由に変えられる
  • 喉への負担が少ない

大きく分けてこの二つですね。まだまだといったわりに少ないと思ったかもしれませんが、この要素がそろうと大体どんな曲でも歌いこなすことができます。

声の音質を自由に変えられる

これは上で書いた裏声の音域まで地声のように強く出せるというのそうですが

他にも

  • 地声付近でも裏声のように優しく出せたり
  • 息漏れの声のセクシーな声を出せたり
  • 少しがなった男らしい声を出せたり
  • etc,,,,

といろいろな声を出せるようになります。

例えば力強い声だけじゃなく優しい声も出せればバラードなども歌えますし、その方がただ高い声を出せるより魅力的ですよね。そういった歌に使える声の表現の幅がミックスボイスを使えるようになるだけでとても拡がるんですよね。

喉への負担が少ない

ミックスボイスができるようになって地声と裏声をバランスよく使えるとどの音域も無駄なく発声できるようになるので喉の負担がとても少なくなるんですよね。

※注意 地声を張り上げはやめよう(声が出せなくなる可能性アリ)

地声で高音を出して歌っているとつい力を込めて出したりしませんか?

僕もよくやってしまうんですが、そのあとに声が枯れたり喉が痛くなったりしてつらいですよね。

実はこの声の出し方喉に対してすごく危険なんですよ!

というのも地声だけで出せる音域はもちろん限界がありますよね?

その限界を超えて出そうとすると、喉にある声を出すための筋肉以外に力が入り結果喉にすごく負担がかかってしまうんですよ。

例えるなら、モノを持つときに腕に力を入れてプルプルしてる状態で持とうとする感じですね。まともに持てないし腕の負担が増えますよね。

そんな感じで喉も負担がかかります、それだけじゃなく声帯ポリープになって最悪声が出なくなっちゃうんで、無理してるなっていう発声はやめてほしいです。

無理してるの基準はわかりやすく声が枯れたりしてきたときですねその時は休憩をはさんでください。

ではあらためて、男性が高音を出したい時はボイトレをしてミックスボイスを目指しましょう!!!

こちらにおすすめのボイトレ本を紹介していますので、参考にしてみてください。

声が低くても歌える方法 (音域に合わせたキー調整のコツ)

とはいえミックスボイスを習得するのには時間がかかりますので、その間に使える声が低くても魅力的に歌えるキー調節のコツを解説していきます。

さっくりコツは二つ

  • 自分が出せる最高音と最低音を把握して最高音のほうに合わせる
  • なるべくサビで高音に上がる曲を選ぶ

ですね。

自分が出せる最高音と最低音を把握して最高音のほうに合わせる

これは自分の声をスマホのアプリ(ピアノみたいに短音をならせるやつなどでどの高さまで出るか簡単に調べっれます。

そして自分が歌いたい曲の最高音を調べます。これはググるか、カラオケでDAMの精密採点で見れますね(曲のタイトルが消えた後に画面右上に少しだけ出てきます)

そして自分の出せる最高音と歌いたい曲の最高音が一緒になるようにキーを合わせます。

キーの合わせ方は下げていって合わせるか、あげていってオクターブ下で合わせるかの二つですね。

※オクターブ下とは女性キーを1オクターブ低く歌うことです。

なるべくサビで高音に上がる曲を選ぶ

これは歌いたい曲調にもよるんですが、音程にあまり変化がない曲は魅力的に歌うのがとても難しいです。

なぜかというと話し声とあまり変わらない声で歌うことになるので盛り上げたりするのが難しいからですね。逆にバラードとかだと語りかけるような感じでいいのですが。

なのでなるべく音程が広い曲(Aメロ~サビで上がり下がりする曲)を選んだ方が魅力的に聞こえますね。

人間は音の高さにかかわらず、一番低い音から1オクターブ以上、上がると高いと認識します。なので音程の変化がある曲はあまり高いキーじゃなくても平坦に聞こえづらく好評だったりします。特にサビで一気に高音に上がる曲はいいですね。

歌ってて楽しいですし!!

以上二つがコツになります。僕はこれで高い声が出せない時でも快適に歌えてました。

あとはミックスボイスを練習している過程でちょっとずつ音域は広がるので、歌える曲も増える感じですかね。

今回は以上です。見てくれた皆さんのボイトレの参考になれば幸いです。

ありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-ボイトレ
-, , , ,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5