ボイトレ

カラオケなどで役に立つ高音を出すボイトレ(即効性のものと継続して続けるものを紹介)

こんにちは、翔大です!

皆さんは「好きな歌を歌いたいけど、高い声が出ないから駄目だな」や「周りは綺麗な高音で歌ってるのに自分だけ低い声しか出なくて嫌だな」といったお悩みを持ってませんか?

実はこの悩みボイトレをすれば解決しちゃうんですね!

なので今回は高音を出す方法と効果のあるボイトレを紹介していきますね。

おそらく3分~4分くらいで読める記事なのでぜひお付き合いください。

もくじ

  • カラオケなどで役に立つ高音を出すボイトレ(即効性のものと継続して続けるものを紹介)
  • 高音を出せるようになりたい時はボイトレ本を買って練習しよう(失敗しないため)

カラオケなどで役に立つ高音を出すボイトレ(すぐに効果があるものと継続して続けるものを紹介)

まずきれいに歌える高音の出し方は

  • 裏声
  • 地声と裏声を混ぜて出す

この二つになります。

難しさや出せるようになるまで時間がかかるのは、地声と裏声を混ぜる方ですね。

ミックスボイスとか呼ばれてたりします。

歌手の方も地声で歌ってるように聞こえるところは大体このミックスボイスで歌っているんですよ!例えば

  • 小野正利さん
  • 平井堅さん
  • Official髭男dismの藤原聡さん

などのハイトーンボイスで歌っている方はミックスボイスですね。

この声の凄い所は裏声の音域まで地声のような声で出せるので、それだけで1オクターブは歌声が広がるということですね。

女性だと地声と裏声の違いがあまりなく曲中に切り替えても違和感がない人が多いですが、男性で裏声に切り替える場面てあまりないですし裏声で歌うと違和感がでることもありますよね。

特に男性曲はサビで一気に高音に上がる曲が多いので、そこで裏声だと変に聞こえちゃったりするんですよね。

なのでこの地声のように聞こえるミックスボイスは男性だと必須ですね。

女性だとまずは裏声を歌に入れる練習をしてみて、違和感が出るなと思ったらミックスボイスの練習をしていきましょう。

ただ出来るようになるまで時間がかかるのでここでは

今からできて声が出やすくなるトレーニング、歌い方を紹介して、後半で裏声、ミックスボイスのトレーニングができる本を紹介します。

すぐできて声が出しやすくなるトレーニング

今から解説していくトレーニングは音域を拡げるものではありませんが、現時点での最高音を安定して出せるようにするトレーニングです。

カラオケなどで歌っていると、高い声が出せる時と出せない時がありますよね。そういった事がなくなるだけでも、歌がかなり歌いやすくなりますよね!

では早速行ってみましょう!

  • 腹式呼吸
  • リップロール
  • ハミング
  • 軽く裏声を出す

この四つです。一つずつ説明していきますね

腹式呼吸

皆さん聞いたことがあるかもしれないこの腹式呼吸どういうものかというと

寝ころんだ時に息を吸うとお腹が自然に膨らむのが腹式呼吸です。

この呼吸はたくさんの息を吸えるのと吐く息の量をコントロールできるので、歌声が安定します。高音を出すには息の量やスピードが重要になってくるので腹式呼吸で息をコントロールできるようになりたいですね。

やり方としては一度息を吐ききってからお腹のほうに息を入れるイメージで吸ってみてください。上手くできない人はあおむけに寝て呼吸をするとわかりやすいです。

そして腹式呼吸に慣れてきたら、息を強く吐いてみたり、できるだけ長く息を吐いてみたりするとよりいいですね!

リップロール

これは口を閉じて唇をプルプルと震わせながら、声を出してく発声です。

この発声はウォーミングアップとして最適で、力を抜いて発声しやすいので楽に声を出せるんですね。

このリップロールを続けていくと歌を歌う時でも楽に声が出るようになります。

リップロールをするときは力まずに地声から裏声まで行き来するとなおよしですね!

ハミング

ハミングは口を閉じて「ん~」と発声します。

これもリップロールと同じで声のウォーミングアップとして使えますね。

ただリップロールより普段の発声に近いので、より声を楽に出す感覚がつかみやすいです。

リップロールの後にハミングでも同じ要領で歌うといいですね!

軽く裏声を出す

裏声はミックスボイスの下地作りにも使うんですが、地声を出すときも実は裏声の筋肉を使って出せたほうがきれいな声になるんですよ。

なので歌で裏声を使わない方でも、裏声を出してウォーミングアップをしておくと地声を出すときでも裏声の筋肉を一緒に使えるようになって結果地声がきれいに出せるようになってくるのでぜひ裏声も少し出すようにしてみてください。

最初はフクロウみたいに「ホー」と息を漏らした裏声を出す練習をしましょう、音域は簡単に出せるところから始めてオッケーです。

徐々に高い声を出せるようにしていき、慣れてきたら音階をつけていきましょう!

カラオケ前のウォーミングアップにも

今紹介したものは全部やっても5分くらいで出来るのでぜひ毎日してほしいのですが、それ以外にもカラオケなど歌を歌う前のウォーミングアップとしてやってほしいです。

カラオケの時にウォーミングアップをする人はあんまりいないと思いますが、歌を歌うのには喉の筋肉をかなり使うので、最初は筋肉が動く状態になってなくてあまり声が出ないんですよね。

例えるなら、準備運動をせずに100mを全力で走るようなものです。

足を痛めたりしちゃいますよね。歌も一緒で急に高音曲などを歌ってしまうと喉を傷めたりするので、そうならないためにもぜひウォーミングアップをしてほしいです。

カラオケで歌って喉ガラガラで声でないとか、嫌ですもんね。僕もなってましたが、、、、

高音を出せるようになりたい時はボイトレ本を買って練習しよう(失敗しないため)

では次に裏声の音域を拡げたい方やミックスボイスを出せる世になりたい方向けのボイトレ本を紹介していきます。

どうせならさっきみたいに練習法を書いてくれよと思った方もいるかもしれません、でもウォーミングアップ程度発声なら文字だけでお伝えできるのですが、

それ以上になると、実際に正しい発声をしている声を聴いて真似しないと上手く練習できないことが多いです。

僕自身ネットで見た練習法をやってみてたんですけど、正しいやり方など詳しくはよくわからずどういった発声で出してるのかがわからないと詰まってしまってあまり効果が出なかったんですよね。

文字だけだとどうしても伝えきれないのでやっぱり正しい発声の音源と聞き比べると圧倒的に練習の効果に差が出ますね。

ただでさえ正しい練習法でも時間がかかるのに、さらに無駄な練習に時間をかけてほしくはないので、皆さんには僕が使ってみてこれはわかりやすく効果があるといったボイトレ本を紹介します。 

奇跡のボイストレーニングBOOK

こちらの本は裏声、ミックスボイスの練習ができるようになる本でボイトレを始めてやる方にもわかりやすくそして続けやすいものになっています。

段階ごとに分けて練習できる点と一回10分で終わるので忙しい中でも継続してトレーニングしやすいです。

ボイトレ効果が出るのがゆっくりなので、 効果があるものでも続かなければ無駄になってしまいます。そういった事も考えるとこの継続のしやすさがとてもおすすめですね。

逆に言うと続けていればゆっくりでも必ず効果が出るので、ぜひ少しづつ継続して自由に歌えるようになりたいですね!

この本を詳しく解説している記事もあるので、よかったらそちらも見てください。

奇跡のボイストレーニングBOOK レビュー

ほんの少しの事でも続けると声が出しやすくなってくるので、ぜひ今回書いたことを実践してみてください。

ではここまでお付き合いありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-ボイトレ

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5