ボイトレ

ボイトレで高音を出せるようになりたいなら自宅でもトレーニングしよう(あなたも出来る)

こんにちは、翔大です!

今ボイトレ教室に通っていていまいち高音が出せるようにならない方や高い声を出せるようになりたくて自宅でボイトレをしようか考えてる方。

ぜひ自宅ボイトレを始めましょう!一番効果が出ると思います。

僕自身、高い声が出したくてボイトレを始めスクールに通ったりしていますが、一番効果を感じたのは自宅でボイトレをしてたからこそ断言できます。

でも意外と自宅ボイトレをしている人は少ない気がしますね。というのも独学でボイトレをするって意外と難しそうで効果が出なさそうなイメージがあると思います。

しかしいくつか気を付けて続けていれば、自宅ボイトレでも必ず効果が出ます。

今回は、自宅ボイトレの始め方、注意することなどを解説していきます

もくじ

  • ボイトレで高音を出せるようになりたいなら自宅でもトレーニングしよう
  • ボイトレの効果が出始める期間

ボイトレで高音を出せるようになりたいなら自宅でもトレーニングしよう

先ほど自宅ボイトレが一番効果が出るといいましたが、理由はボイトレをする回数が多くなるからですね。

もし週5回スクールでボイトレができているのなら自宅でする必要はありませんが、スクールだと多くて週1回くらいじゃないでしょうか?

ボイトレは声を出す為の喉の筋肉を自由に使えるようにするトレーニングなので普段使わないような筋肉を回数をこなして徐々に使えるようにしていくんですね。

ボイトレをして高い声が出せるようになるのも使えなかった筋肉が使えるようになったからです。

なのでボイトレは回数したほうが効果がでます。そして自宅でボイトレをするのが一番回数を重ねやすいんですね。もちろん無理をしない範囲でですが。

自宅ボイトレの始め方

ここで僕がおすすめするボイトレの始め方を紹介していきます。

  • ボイトレ用の本、DVDなどを使って始める
  • スクールで自宅で出来るボイトレを教えてもらう

ボイトレ用の本、DVDなどを使って始める

これは書店などで売っている本などを使って始める方法ですね。

僕は基本的に本を使ってトレーニングしています。

利点としては、すぐに始められるお手軽さと何度も読み直しできるので理解しやすい所ですね。

欠点はトレーニングを正しくできてるかの確認を自分でしないといけない事です。

本などでトレーニングするときの注意点ですが、購入前に試しに読んでみて自分が理解しやすいかどうか確認してみてください。まったく意味が分からなかったりいまいち信用できなそうに感じたら違うものを探しましょう。

あとは本だとCDがついているものを選ぶと先生のお手本の声が入っていることが多いので正しくトレーニングできているか確認しやすいのでおすすめです。

DVDだと映像もついているのでよりわかりやすいですね!

「ネットなどに書いてあるトレーニングをするのはどうかな?」

と考える方もいると思いますが、できれば本などで始めたほうがいいですね!

ネットだと情報がありすぎてどれが必要な物かわかりづらいのとお手本の音源がないのでトレーニングしづらいと思います。なのでネットの情報でボイトレをするのはおすすめしないですね。

こちらの記事におすすめのボイトレ本を紹介しているので参考にしてください。

カラオケなどで役に立つ高音を出すボイトレ(即効性のものと継続して続けるものを紹介)

スクールで自宅で出来るボイトレを教えてもらう

こちらは現在スクールに通っている方限定ですね。

今習っている先生に次のレッスンまでに自宅で出来るをトレーニングを教えてもらってください。

利点は自分のレベルに合ったトレーニングができるのと正しくできているかなどを先生に見てもらえることですね。

欠点は教えてもらったトレーニングの内容を復習できないくらいですね。

レッスンで先生に教えてもらったトレーニングをするときの注意点ですが、細かい部分まで聞いておく事と聞いたことを録音しておく事ですね。

ボイトレはトレーニングの仕方を少し間違えただけで効果が出なかったりすることもあるので、間違えてトレーニングしないように気を付ける点などをしっかり聞いておいたほうがいいですね。

そして録音していれば忘れたときでも確認できるので安心ですね。

この二つを気を付ければ大丈夫です!

ボイトレをするうえでの注意点3つ

  • 少しづつボイトレの回数を増やそう
  • 無理はしない
  • 自分の声を聴こう

少しづつボイトレの回数を増やそう

先ほども言いましたが、ボイトレは回数を重ねればそれだけ効果が出るので週にやる頻度を増やしていきましょう。

理想は週5~6くらいボイトレをできるといいですね。

ただ最初はボイトレに慣れてなくて喉に疲労が溜まり、声が出にくくなったりするので週1回とかでも大丈夫ですが慣れていくにつれて少しづつ回数を増やしていきましょう。

ただ毎日やると喉の疲労が蓄積されて行ってしまうので最低でも週1回はお休みの日にしましょう。

あとボイトレをする時間ですが、最大でも1日1時間でいいと思います。

それ以上すると喉の筋肉が消耗してしまい逆効果になりますので、一回のボイトレは10分から1時間の間で無理をしない範囲でやりましょう!

無理はしない

喉が痛かったり、いつもより声が出しにくいなと思ったら休みましょう。

ボイトレは日常会話より喉の筋肉を使うので知らず知らずのうちに疲労がたまってたりします。

この時に休まずボイトレを頑張ってしまうと喉を傷めたりしますので、今日は喉の調子が良くない日だなと思ったら迷わず休んでください。

ボイトレは何日か休んだ程度ではダメにならないので休みつつ継続したいですね!

自分の声を聴こう

ボイトレしている自分の声は録音して聴いた方がいいですね。

自分では出来てると思っていても録音して聴いてみると出来なかったりするので、しっかり出来ているか聞いてみて確認し出来てなかったら改善する。

というのをするとボイトレの効率が格段に上がります。自分の声を聴くのは最初はちょっと嫌ですけどね、、、

ボイトレの効果が出始める期間

最後にどれくらいの期間でボイトレの効果が感じれるのかについて書いていきます。

週何回出来ているかによって変わりますが、僕の場合は週3回くらいやっていて大体1か月くらいで日常の声が出しやすくなったり、よくなってきたなと感じ始め。

3~6か月くらいで徐々に高音が出しやすくなってきたりして、そこからは徐々に徐々に強い高音を出せるようになったりしていく感じです。

地味に進んでいく感じです。ただ最近週5回ボイトレをするようになってからは進み具合が段違いですね。

効果を感じるのは大体3か月後くらいからですかね?

ただ僕の場合ネットで見た情報などでころころボイトレを変えたりしていたせいで、あまり効果が出てなかっというのもあるので、

しっかりと本に書いてあるボイトレや先生に教えてもらったボイトレを続けていくと半年から1年で見違えるほど効果が出ると思います。

では今回の記事は以上です、見ていただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-ボイトレ
-, , , , ,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5