ボイトレ

(大きな声で歌う)声量を上げたい時にするトレーニング(方法は二つ)

こんにちは、翔大です!

「歌を歌っているときに自分の声が小さいなとか、息が続かないな」と感じたことありませんか?

歌を上手く歌うためには欠かせない息の使い方、皆さんあまり意識することはないんじゃないでしょうか。

実は息の使い方が上手になるだけでも歌が上手くなります。

今回はそんな声量アップなどに欠かせない息の使い方のトレーニングなどをボイトレをしてきた僕の視点で解説していきます。

声を出すことはすべて息から始まるので、今回の記事はとても重要ですね。 

3分くらいで読める記事なので、息についてあまり意識したことがなかった方はぜひ見ていってください。

もくじ

  • 声量を上げるトレーニングは息と声2種類ある
  • 声と息2つのトレーニングを紹介

声量を上げるトレーニングは息と声2種類ある

まず声量を上げようと思ったときにできるトレーニングは二つあって

  • ボイトレをすること
  • 肺活量を上げること

この二つになります。

声量(声を大きく出したり、声を長く出したり)を上げるのにボイトレが必要なの?と思うかもしれませんが、声量をコントロールするには息だけでなく声も重要になってきます。

1つずつ説明していきますね。

ボイトレをすること

声量をコントロールする際にボイトレが必要な理由は吐いた息を上手く声にする技術を身に着けるためです。

例えば

  • 息をたくさん吐けるようになっても、上手く声に出来なければ大きな声を出したりはできませんよね?
  • 逆に息を声に変えるのが上手いと、少ない息の量で大きな声を出すことも出来ます。

どれだけ上手く息のコントロールができても、声に出来なければ無駄になってしまいます。

そうならないようにボイトレをして息を声に変える技術も鍛えて行きましょうってことですね!

肺活量を上げること

声量を上げようと考えたときに一番最初に思いつきそうなことですが、もちろん重要です!

肺活量を上げることと書きましたが、正確には

  • 息を吸える量を増やす
  • 息のコントロールをできるようにする

この二つが声量を上げたりするのに必要なことですね。

息を吸える量が増えればその分声を出すために使えますし、息をコントロール出来れば効率よく声を出すことができるのでこの二つは重要です。

声と息2つのトレーニングを紹介

ここまで声量をあげたいなら息と声両方をトレーニングしたほうがいいと書きましたが、ここからはおすすめのトレーニング法を書いていきます。

声を鍛える場合

声を鍛えると書きましたがボイトレですね。

声量を上げたい場合は声帯を閉じる筋肉を上手く使えるようになったほうがいいので、地声を鍛えるトレーニングや裏声と地声を混ぜるトレーニングをすることをオススメします。

地声を出すときに使う筋肉は閉鎖筋群と呼ばれこの筋肉は声帯を閉じるのが主な役になっています。

声帯をしっかり閉じれるようになると、息を声にしやすくなりその分大きな声を出せたりするわけですね。

逆に上手く閉じれないと息が漏れてしまいたくさん息を吐いてるけど思ったように声が出ない状態になります。

そして裏声と地声を混ぜるトレーニングをしていくと高い声でも声帯を閉じれるようになるのでどの音域でも大きな声を出せるようになります。

その二つを鍛えるためのおすすめのボイトレ本はこちらですね。

奇跡のボイストレーニングBOOK レビュー

この本は地声と裏声、地声と裏声を混ぜるトレーニングすべてが書いていてボイトレが初めての方でもやりやすくなっています。

実際に年齢で声が出しにくくなった人からオペラ歌手の方など幅広い方に選ばれている本なのでトレーニングの信頼性もあります。

最初に買う本としてこれを買えばまず失敗はないですね!

そしてトレーニングをする際の注意点ですが、喉に力を入れて発声しない事ですね。

喉に力が入ってしまうと、声帯が固くなってしまい上手く動かなくなってしまいます。

そうなると息を吐いても上手く声帯が動かなくて声にならないという状態になり、こうなると上手く声が出せないだけじゃなく喉を傷めてしまうので気を付けましょう。

息を鍛える場合

これはまず腹式呼吸を上手く出来るようにしましょう。

腹式呼吸とは息を吸ったときにおなかが膨らむ呼吸法ですね。

この呼吸法のいい所は声を出すときに息のコントロールがしやすい事です。

胸式呼吸だと息を吸うときに気道あたりが圧迫されて声が出しにくくなるので、 どうしても息をコントロールがやりにくいので腹式呼吸のほうが歌に使うにはおすすめです。

トレーニング法ですが最初は腹式呼吸ができるようになりましょう。

腹式呼吸のやり方としては

  • 最初に限界まで息を吐きます
  • そして吐ききったらお腹に息を入れていくイメージで限界まで吸います
  • これを無理しない程度に何度か繰り返しましょう。

このやり方に慣れてきたら、息の吐く量を少なくして長く息を吐けるようにしたり

息を強く吐いたりと色々バリエーションを増やしてみてください!

それと肺活量を上げるためにパワーブリーズなどを使うのもありだと思います。

B'zの稲葉さんなどが使っているみたいなのでかなり効果が期待できますね。

稲葉さんと言えばLIVEで走りながら歌ったり、マイクなしで歌ったりと声量がえげつないですよね、パワーブリーズを使えば稲葉さんみたいな声量を手に入れれるかもしれません。

ただパワーブリーズはかなりしんどいと思うのでまずは上に書いたトレーニングで練習しましょう。そしてちょっと物足りなくなったら試してみてください!

では今回はここまでです。見ていただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

syouta

初めまして、翔大です! このブログでは 小さい頃から関わってきた大好きな「音楽」 パスタ店で数年働いて、家でも毎日行っていてもう既に趣味になっている「料理」 だらしない体を矯正するために始めたそこそこしんどい「筋トレ」 の役立つ情報を更新していきます。

-ボイトレ
-, , , , ,

© 2021 翔大の人生3つの柱 Powered by AFFINGER5